全身周天

小周天の次は全身周天

 

小周天がある程度完成すると、次は、全身で氣をまわします。

 

体の中には、氣が流れるルート、経絡があります。

 

経絡には、

正経奇経があります。

 

奇経は八つの流れがあり、奇経八脈とも言われています。

 

・小周天で使う、督脈任脈

・臍の高さで体を回る、帯脈

・体の真ん中を通る、衝脈

・腕の内側と外側を通る、陽維脈陰維脈

・足の内側と外側を通る、陽蹻脈陰蹻脈

です。

 

それぞれに、小周天のように、順番に氣を流して、経絡を開いていきます。

 

おすすめのポイント

 

帯脈の場合・・・命門もしくは、臍から氣を流していきます。

 

衝脈の場合・・・会陰もしくは、百会から氣を流していきます。

 

陽維脈・陰維脈の場合・・・霊台、大椎から、陽維脈を流します。労宮から膻中に向かって陰維脈に氣を流していきます。

 

蹻脈・陰蹻脈の場合・・・会陰から陰蹻脈を湧泉まで流します。足の陽蹻脈を命門まで流していきます。

 

手足も重要なポイント

 

ヨガなどでは、体の中の主要なツボが重要視されています。

 

小周天で使用するツボも同じ場所です。

 

さらに、手足のツボも重要と考えます。

 

特に手の労宮足の湧泉は大事なツボになります。

労宮は、手から出る氣の量に関係します。

ここが開くほど、手から出る気が増えます。

 

すると、ヒーリングなどの効果が上がります。

 

足裏の湧泉は、地球の氣を吸収する働きや、邪気を排出する働きがあります。

 

足裏で呼吸をするという気功法も、ここの働きを高めます。

 

奇経開発法