結界技法 身を守る

健康・上達のために身を守る結界

 

氣の修練で健康を上げて、更に氣の深淵に進んでいくために必須の技術の1つに結界があります。

 

世の中には、様々な気が溢れています。

 

自分にとってプラスになる「正気」ばかりだと良いのですが、マイナスの「邪気」も当然あります。

 

場合によっては、邪気の方が多いときもあります。

 

知らず知らずにうちに影響を受けているものです。

 

上達する上で邪気の影響で、

 

・行がなかなか進まない

 

・陽気が発生したのに、冷えてしまった

 

・陽気が発生せず、温まらない

 

などなど、見かけます。

※氣の感覚が少ないと、邪気の影響を受けていても気づかないことが多いです。そして、本人の希望とは逆の方向に進んでいこともあります。

 

結界の定義

 

当会では「結界」を、

 

自分にとって好ましくない氣(邪気)を、氣で守る、跳ね返す

 

としています。

 

結界の基本

 

邪気に対して、氣で守ることが基本となります。

 

これにはいくつかの方法がありますが簡単な方法は

 

「塩」や「水」などを四方に配置します。

古代から使われてきた方法になります。

 

 

これもいくつかポイントがあります。

 

・配置した内側を守ることが可能

 

・配置するものは氣が強くて、良い氣であること

 

この2つを意識されるのがおすすめです。

 

 

氣功的な結界

 

氣の能力がある程度身につくと、氣で結界が可能となります。

 

この方法は、

 

氣の球を作って、配置することです

 

これは、ある程度氣の能力が高くないと、できませんが、道具や場所を選ばずに可能となります。

 

このときも自分を中心として、氣の球を4つ作り、それぞれを四方に配置することからはじめてくださいませ。

 

うまくいくと、その場所の空、雰囲が変わります。

 

配置のパターン

 

結界をはるとも言いますが、まずは

 

①自分の回りにはる

 

②部屋や場所にはる

 

を使い分けますと、効果的です。

 

結界の深化1(会員限定)