氣功教室

肛門の締め上げ

肛門の筋肉を鍛える意味

 

氣功の修練では、陽氣の発生を効果的に行うために、下腹部や肛門の鍛錬を行うことも重要です。

 

肛門は、体内の氣(元氣)をとどめておくためにも重要な役割があります。

 

人体の穴と氣の動き

 

人の体には

・2つの目

・2つの鼻の穴

・2つの耳

・口

・肛門と陰部

9つの穴があります

 

これらの穴から氣(元氣)が出入りを行っています。

 

目を使って何かを見る。

口数が多い。

などを行うと、元気を消費します、言葉を変えると元気が減ります。

 

穴の中でも、肛門が緩んでしまって、ここから氣が漏れていくこともあり、肛門を鍛えることによって、体内の氣の量を漏れることを防ぎます。

 

人を観察した時に、肛門の締まり具合をみれば、子どもの方がしっかりと締まっています。年齢を重ねると、緩くなり、一部の高齢者は、便や氣などが漏れたりします。

口を見ても、頭の働きが低下傾向にある人は、口が半開きになっていたりします。

頭の働きがしっかりしている人ほど、口はしっかりと閉じています。

体内の氣を補充するために、穴からの氣の流出を防ぐことも重要です。

 

最近では、運動の量が減ったことで運動をする人が多くなっています。

骨盤底筋群も注目されて、トレーニングをする人も増えています。

骨盤底筋群を鍛えることも有益です。

 

肛門の鍛錬法の基礎

 

①リズミカルに肛門の括約筋を収縮させます。

②座った姿勢で、息を吸う時に肛門を締め上げます、息を吐く時に肛門を緩めます。

※武息などと同様です。

③仰向けに寝て両足を少し開きます。この姿勢で②を行います。

④両足を肩幅に開いて立ちます。膝を少し曲げて、手を膝の上において上体を支えます。この姿勢で武息のように、息を吸う時に肛門の締め上げと、下腹部を膨らませます。息を吐く時に肛門を緩めて、下腹部を凹ませます。

⑤歩くことやスクワット、馬歩なども効果的です。

肛門の操作