基礎編

築氣法

周天法

氣功技術

頭で考えるか、体で感じるか

頭で考える人と、体で感じる人

 

人は色々なタイプがあります。

 

氣功の練習をしていても、これを感じます。

 

左脳的・右脳的、理論派・直感派などです。

 

特に、書籍や説明でも、

 

「温かいのをイメージしろ」

「清らかな水の感じで」

「手の中にエネルギーが集まるように」

 

意念は〇〇

 

などと言われます。

 

特に、気功、仙道の初歩で、下丹田で陽気を発生させるときに、下腹部が暖かくなるように、溶鉱炉や、マグマのイメージ、赤色などなどあります。

 

 

指導でも、同じように説明しながら、相手の意識状態や氣の状態をチェックしています。

 

下腹部にイメージしたいが、頭で考え気が上る

 

下腹部で陽気を発生させるときは、下腹部に意識を集中させます。

イメージ・意念・呼吸を使って、陽気が発生すると、だんだん暖かく、そして熱くなってきます。

 

その熱さは、さらに全身に広がったり、勝手に動いたりします。

 

この時に、下腹部に意識を集中させるのですが、頭で考えてしまう人は、意識が上に登ってしまっています。

 

また、体の変化を感じることをされていない場合、暖かくなったり、変化が起こっても感じれていないことがあります。

 

またこれのややこしいところは、本人が気づかずに、頑張って下腹部に温かいものをとイメージしようとすればするほど、頭に意識があがり、下腹部に意識がいかないといった現象になっています。

 

これは良いとか悪いではなくて、人はそれぞれ今まで、どういう思考や生活をしてきたかなどで、違ってきます。

 

頭で考えるのが得意な人は、体で感じるのが苦手です

体で感じるのが得意な人は、頭で考えるのが苦手です

 

ただそれだけのことです。

 

ですので、陽気は発生しない、気がなかなかわからない人は、自分の意識がどこにいっているか、気にして変えてみてください。

 

気功は体で感じることが大事です。

 

そのための練習として、

 

よくある手の平を近づけたり離したりする方法(開合)でも、何も考えず、頭をぼーとして感じるままにするというのがおすすめです。

手を動かすことによって、何らかの変化が起こっていますので、それをただ感じるだけです。

 

また、目をつむって全身の感覚を感じる、受け入れる練習などもおすすめです。

地面に接している足やおしりの感覚、お腹の具合、体の筋肉の状態、緊張とリラックスの度合いなど、感じることができます。

 

これで、感じる能力を高めていきます。