陽気の発生について

仙道の入門である陽気の発生について

 

仙道では、氣を高め、強め、コントロールしていきます。

そして、健康の増進、潜在能力の開発、神秘体験などが起きていきます。

 

一つの目標が小周天になります。

 

小周天とは、基本的には丹田で陽気を発生させて、任脈、督脈に氣を巡らします。

※小周天には段階があります。

 

この陽気の発生段階で、うまくできない人がいます。

 

以下、陽気の発生についてのポイントです。

 

陽気の発生について色々

 

陽気を発生させる理由・・・閉じてしまった経絡を開いていくために陽気を発生させます。

 

陽気の種類・・・陽気も種類があります。人によって、日によって、練り方によって違います。

本で独習する場合、間違えやすいです。

 

陽気が発生していても感じない・・・氣を読むと陽気が発生している場合でも、本人が自覚がない場合があります。

こちらも陽気が発生しているのに、自覚がないので次の段階に進めないです。

 

別のところに陽気が発生している・・・陽気の発生が別のところで発生していますが、これも自覚がないために進まないです。

 

下丹田にこだわりすぎている・・・一般的には、下丹田で陽気の発生となっていますが、流派によっては中丹田から発生させたり、他の場所で陽気を発生させたりします。

場所にこだわる必要はありません。

 

陽気は発生させるものかするものか?・・・発生させるともいえますし、発生するとも言えます。

 

呼吸法をしないといけないか・・・武息をして陽気の発生とありますが、陽気の発生は呼吸法を使わなくとも可能です。

 

など間違えやすい点です。

 

陽気の発生、陽気が発生しない

練精化気が起こらない、陽気が発生しない

 

伝統的な仙道、気功などでは、瞑想して、呼吸と意識の集中で、下腹部に陽気を発生するところから始まります。

 

その発生した陽気を、督脈と任脈に巡らすことで小周天をしていきます。

 

独習の場合に悩むところが、陽気が発生しないです。

 

陽気が発生しなければ、次の段階の小周天は行えないですし、あわててしてるつもりで、俗にいう「空車を回す」ことになっているケースもあります。

 

最初の陽気の発生も、今までしたことがないので、難しいところですね。

 

陽気の発生は練精化気の段階です。

 

「精を練って気に変える、あるいは気に変わる」ということです。

 

精とは精力であり、体力であり、生命力といってもいいです。

 

この精は現代人は、草食男子と呼ばれる人が増えてきているように、平均して下がってきています。

 

飲食からの補給も低下しました、電磁波による精の消耗、夜更かし、目の使いすぎなどで、精がどんどん減っていれば当然足りません。

 

精が足りなければ、陽気など発生しないのは当然ですね。

 

 

築氣という、氣を補うこともしっかりとしないと難しいですね。

 

この辺りも古代から、精力剤を取ることや、漢方や流派の道具なども使われていました。

 

陽気が発生しないいくつかのパターン

 

沢山の方をレッスンをしていますと、陽気の発生しないパターンもいくつかあります。

 

その中で代表的なものです

 

①精が足りないパターン

 

上記の状態ですね、精が足りないので、陽気が発生しなくなってます。

 

②別のところに発生、別のところでは発生している

 

基本的には下腹部で陽気の発生ですが、なれれば全身どこでも発生させられますし、発生するものです。

 

人によって、下腹部で陽気を練っているつもりでも他のところで発生している場合があります。

 

また下腹部で発生が難しいが、他のところでは発生させれたりします。

※中丹田から発生させるやり方もあります。

 

③発生しているが自覚がない

 

氣をよむと陽気が発生していますが、本人の自覚がないケースです。

せっかく発生しているのに、発生していないとは、これでは違っているとか思い込んでいる場合があります。

 

これもチェックが難しい独習ではありがちなことですね。

 

奥が深い氣の世界、陽気の発生の段階はスムーズに通過できるといいですね。

サハスラーラーは花びらが開く

氣功による体験、サハスラーラ

 

氣功マスターコースでは、通常長い年月をかけて開いていく経絡・チャクラをこちらの誘導で短期間で開発が可能になります。

 

仙道では、経穴、精宮などと表現されて、ヨガではチャクラなどと表現されるポイントがいくつかあります。

 

頭の天辺にあるところを、氣功では百会、ヨガではサハスラーラなどと呼ばれます。

(流派によりいろいろな呼び方があります、また表現方法も異なります)

 

開くと花びらが見えた

 

ある人のレッスン中の出来事です。

 

百会を開いていると、

 

「頭に花びらが見えます、今それが開きました」

 

この方はチャクラなどの予備知識を持っていない方です。

 

その後は氣の流れに変化がでて、氣感が上がりました。

 

チャクラが開くときは、個人差がありいろいろな変化があります。

 

チャクラは開くことも大事ですが、開いたあとの変化に対応することも大事です、マスターコースでは、その辺りの指導もしっかりとさせていただきます。

 

瞑想=氣功ではない

氣功の理解は知識のみではかく、実践で、氣を扱い体験することが大事です。

 

これらは、体験知とも呼ばれます。

 

氣は、単純なイメージ上の産物ではなく、物質的なものです。

 

物質的なものなので、量や形などの概念が入ります。

 

講座の中では、単純に氣ではなくて、

 

精、氣、神の氣の三宝の理解

 

別の量や形などの側面からも理解を深めます。

 

氣と言えば、

 

体操? 呼吸法? 瞑想?

 

 

などと聞かれたりをしますが、類似する成分はありますが、=ではありません。

 

小周天の基本の陽気の発生も、

 

静坐しなくても、武息なども使わなくても発生します。

 

この辺の知識を丁寧に説明してあり、書籍はあまり見かけません。

 

氣功という言葉が一般化、手軽に氣功を習えるように半面、小周天の初歩で止まっている先生が教えるケースが増えてきたので、しょうがないのかも知れません・・・

 

 

 

 

 

 

 

氣功の基礎 止漏法について

止漏法について

 

氣功の基礎は、精を溜めて、氣に変えることから始まります。

 

通常では人が生きていることは、脳や、筋肉が動き、目を使い、時には、精を漏らすことです。

 

これは、ある意味、生命エネルギーとしての氣(精)の消費です。

 

この漏らす、あるいは漏れてしまう氣を貯めることで、精を氣に変えていく段階が

 

練精化氣

 

と呼ばれます。

 

講座では、氣を補いながらすすめていきますが、基本でるある、氣の消費は少ないほうが良いです。

 

人によっては貰うことが致命的になりますから。

 

さらに現代では、生活環境の変化、夜勤や休日が関係ない、食事からの氣の吸収が絶望的で、これでは業がなかなかすすまないのも当然のようです・・・

 

代表的な方法

 

高藤氏の書籍より、代表的な方法です

 

①夜更かし

 

②目の使いすぎ

 

③天候不順、不眠の時に無理をする

 

④暴食、暴飲

 

⑤ものごとを行う時に過度の緊張

 

⑥喜怒哀楽に振り回される

 

⑦精液を漏らす

 

⑧男性は50歳以上、女性は35歳以上は普通の生活をしていても漏れやすい

 

1が1番氣な漏れます、順番に氣の漏れやすさです。

 

参考にしてくださいませ。

 

⑨熟睡できない、食欲がない、ものごとを氣にしやすい、便通が良くないなどの状態

氣功の基礎を高めるオススメ商品

氣を高めるオススメ商品

 

氣功をする上で基礎となる、健康状態があります。

 

その基礎となる健康状態は、当然食生活を始めとした、生活習慣で変化します。

 

氣功的に言えば、動くことで氣を消耗します、夜更かしや房事方なども氣を消耗します。

すると、当然陽気の発生などはうまく行かずに、本当の小周天などは、達成できません

 

氣を吸収することも必要です、通常は「呼吸を通して天の氣を吸収して、房中術などで人の氣と交流して、飲食物より大地の氣を吸収する」といった考えがあります。

 

古代の流派などには、補腎丸や各流派で秘伝の漢方薬なども伝わっています。

 

漢方薬などの変わりに、当会でもオリジナルの内容で、修行の状態を加速しています。

 

そして、当然のこと日常での食生活は大事な要素になります。

 

日常での食生活が悪ければ、氣のめぐりは悪化して、食生活が良ければ氣のめぐりは活性化します。

 

氣を高める食品を日常的に取る必要があります。

 

氣が低下してしまった現代の野菜

 

新鮮な野菜、オーガニックで作られた野菜の氣の量は多いです。

 

 

これは栄養学的観点から言っても、1950年代に比べて、野菜に含まれる栄養素が、おおよそ半分から、下手すると10分の1程になっています。

 

栄養が高い野菜は、無農薬、オーガニックで作られた野菜ですし、さらに自然農法などの自然にできた野菜はもっと栄養が豊富です。

 

これは視点を変えれば、市販されている栄養がかなり減って、さらに農薬や調理の際に添加物といった負担をかけてしまうものを口に入れていることで、平均体温の低下、妊娠率の低下などに繋がります。

 

そのような状況で、しっかりと氣を高めるために、栄養補助食品を取る必要があります。

 

本来は、自然にあるもので、日常の食生活ができれば良いです。

例えば、完全オーガニックの調味料、旬の野菜、放牧で育てられた牛、放し飼いで育った鶏などです。

 

その材料を、火を使って、鉄鍋で毎回調理すると言った内容です。

 

それはすごく手間がかかるので、やはり現代は補助食品がおすすめです。

 

おすすめはこちら

 

 

色々、氣を読んだりしながら良いものを探しています。

 

手頃な価格で、購入しやすく、バランスも良いものがこちらの商品です。

 

こちらは、野菜不足を補う青汁です。

血液を増やす働きもあります。

一口に青汁と言っても、原材料、製法で効果は別物です、こちらが知っている中で1番でした。

 

こちらは、体に必須のミネラルです。ミネラルが77種類含まれています。

※栄養は単一のものをとっても効果が少ないです、複数含まれてものがおすすめです。

 

血流を上げるレッドビーツです。

氣の流れも活性化します。

 

→購入は、こちらから← (クリックでショップに行けます)

 

今どの商品が必要かなどのご相談も乗らせていただけます。

 

 

 

陽氣が発生しないのは邪気が抜けていないから

陽気が発生しない場合は

 

伝統的な仙道の修行体系の初歩には、下丹田で陽気を発生させるという段階があります。

 

氣の密度が濃くなりますと、質的に転換します。

これをと呼びます。

丹を作る場所(田)で、丹田と呼びます。

 

通常は、呼吸と意識の集中および下腹部や肛門の動きを利用して、氣のめぐりを活性化させて、熱(陽気)を発生させ、それを練っていくのですが、なかなか熱が発生しない人がいます。

 

邪気は体を冷やす

 

氣は色々な種類に分けれますが、1つの分け方は

 

生氣と邪氣です

 

生氣に触れると、体の血流があがり、温かくなります。

 

邪氣に触れると、血流が下がり、冷えます。

 

日常では、氣の悪い場所に行くと、背中が冷える感じや、手が冷たくなるなどの反応が出るときがそうです。

 

気が良くない所は、暗い感じ、冷えた感じで、少し敏感な人であれば感じることができます。

 

たまには、ホラー系のテレビなども見ても、その波動により、冷える感じもでます。

 

この冷える反応はちょうど陽気の発生と逆の作用です。

 

つまり、邪気に触れることがあると陽気の発生は遠ざかります。

 

邪気は体にたまる

 

もう1つ大事なことがあります。

 

邪気は体にたまる場合があります。

 

日常的に、邪気に触れると体はたえず冷えています。

 

さらに、人によっては自分の邪気に気づかずに、それが理由で陽気の発生がなかなかできない場合があります。

 

人は自分の事は分かりにくいです。

 

邪気が入ってないつもりでも、邪気が多い場合があります。

 

その場合は、浄化をしっかりとしないと、行が進みません。

 

あなたの参考になればと思います。

 

 

 

 

二人で行う氣の感覚化のトレーニング

1人で行う氣のトレーニングと同時に、二人で行う方法も練習したいです

 

相手は、一緒にいて気持ちの良い人、楽しい人、元気な人などを選ぶと良いです。

一緒にいるだけでも氣の交流は起きます、氣功のトレーニングをするのであれば、さらに氣が交流します、相手は慎重に選びたいです。

 

 

①手の平でのトレーニング

 

相手と手の平を向かい合わせます。

二人の手の距離を離したり、近づけたりします。

 

違う相手と行うと、1人1人、氣の感覚が違うのを感じてください。

 

 

②氣を回す

 

二人の両手を向かい合わせます。

 

片方の手から、氣を吸収して、反対の手から氣を流していきます。

 

手の平、腕、胸、反対の腕、反対の手の平、相手の手の平、相手の腕・・・という順番に氣を回していきます。

 

 

③相手の体を感じる

 

相手の体の表面を感じていきます。

 

体表のオーラを触って感じていき、相手の体から手の平を近づけたり、離したりします。

色々な場所を動かしながら感じていきます。

 

色々な場所によって、冷たい所、温かい所、ピリピリするところなどを感じます。

 

相手による氣の違いも感じるようにしてください。

 

 

 

氣の感覚化

氣の感覚化のトレーニング

 

氣功は、氣の強化とコントロールをしていきます。

 

まず初めに感覚化をしていきます。

 

全身で氣を感じれるようになるのですが、初めは手の平がおすすめです。

 

①両方の手の平を合わせて擦り合わせます

 

②手の平を、離したり近づけたり、前後・上下にずらしたりします。

 

③手の丸めて、手の中でボールを作るようにします。

 

コツはリラックスをすることです、力が入っていると微妙な感覚が分かりません。

初めは曖昧な感覚ですが、練習を続けるとだんだんとしっかりとした感覚になってきます。

 

氣の感覚

 

古代からの氣の感覚には7種類あります

 

酸・・・だるい

 

麻・・・しびれる

 

張・・・ふくれる

 

熱・・・あたたかい

 

涼・・・すずしい

 

重・・・おもい

 

痒・・・かゆい

 

 

1人での練習の後は2人での氣の感覚の練習をオススメします

 

→2人で行う氣の感覚化←

 

 

タントラについての基礎知識

仙道を紐解くと、歴史の中でヨガなどとの交流を見て取れます。

 

お互いに、背景にあるものが違いますが、似ている部分もあり、参考になります。

 

いか、タントラについて簡単な基礎知識です。

 

 

タントラとは、知識を広げる、自分に目覚めるための知識を身につけるということです。
古代インドの伝統の中心にあったと推測されます。

 

その思想には、宇宙は「オーム」のような基本音から展開したと言います。
すべては、振動を凝縮した音である。

 

肉体は、霊魂を発展させる最も強力な道具とみなす。

 

この世のものは、プルシャ(男性原理)と、プラクリティもしくはシャクティ(女性原理)からなる二元論。

 

肉体には、微細身を持つ、この体にエーテル回路がありナーディーと言われる。

 

月の回路のイダー(白色)、太陽の回路のピンガラ(赤色)、中心のスシュムナー。
スシュムナーの中に、ヴァジラーとチトリニーがあり、このカイロをクンダリーニが通る。

 

クンダリーニは各チャクラを開き、上昇してサハスラーラチャクラにて、純粋な意識のシヴァと結びつく。

チャクラの図の花びらの数は、振動数をさしている。

チャクラは、車輪を意味から来ている。

下部のチャクラが花びらが少なく、丈夫は花びらが多い、振動数が増えていく。

 

人は自分を倒す相手を利用して立ち上がらねばならない

 

精神=物質

 

完全な人間とは、1つに溶け合った男性と女性

 

一人の人間と、宇宙的な自我というか純粋意識とを結びつける方法(シヴァ・シャクティ)

 

性交時の儀式、五摩事のMとは、マディヤ(酒)、マンサ(肉)、マツヤ(魚)、マドラー(穀物)、マイトゥナ(性交儀礼)
聖典より「享楽を与え、人々の苦を除く酒は火、心身に栄養と力をもたらす肉は風、生殖力を増進する魚は水、地上に生じて生命のもととなる穀物は地、世界のすべての創造の根源である性交は空である。」

 

仏教タントラの4種

①所作タントラ・・・供養、礼拝などの儀礼、それを行う真言、印契など外面的なもの

②行タントラ・・・内面的な瞑想の作法を加えたもの

③瑜伽タントラ・・・行者と仏、菩薩との合一

④無上瑜伽タントラ・・・呼吸とか気管、脈管の活動などの生理作用を応用して、仏と人の一体化

 

ヨガの左道と右道・・・性交を用いて解脱を目指すものが左道、チャクラを活性化させて解脱を目指すものを右道