氣について

氣功マスターコース

 

 

経絡、チャクラ 氣について

 

 

 

マスターコースの目的、仙道や氣功を身につける

 

仙道とは、道教に伝わる仙人になるための修行法

氣功とは、仙道の一部が健康法として広がったもの

氣をトレーニング(功)する

 

仙道から氣功に変わる上で、神秘行的な内容が減った

健康法的な内容が増えた

 

 

マスタコースの2本の柱

 

 

①経絡やチャクラを開いていく

小周天→全身周天→深部小周天→先天の氣(クンダリーニ)→大周天

 

②氣の実生活での使い方

技や術式など

 

経絡や精宮(チャクラ)について

 

人は生まれた後は、全身の経絡が開いていている。

それがだんだんと閉じて気の流れが悪くなる。

 

それを、また開いていくことによって、体は健康になり、本来持っている能力が発揮される

 

 

 

氣を読むことが可能になる。

 

・人の体の状態

・感情

・物や場所の氣

・運気

・自分に合うものを選べる

 

 

 

 

 

 

 

氣を送る

 

・ものに氣を入れる

・人に氣を送る→ヒーリングなど

・人の感情に作用

・引き寄せ能力アップ

 

 

 

本質につながっていく

 

 

 

超感覚、超能力、六具神通

 

 

 

氣の3宝

 

氣は3つの構成要素とも働きとも言える

 

 

精  生命力

 

氣  思念、感情  又は  究極の物質

 

神  意識活動 (無意識含む)

 

 

氣の感覚は曖昧な感覚から、だんだん物質的なハッキリとした感覚に変わる

一部の脳科学系の氣功ではたんなるイメージの産物と捉えがちだ

 

 

 

氣の種類

 

 

色々な分け方ができるが、まずは

 

 

正氣と邪気

 

正氣・・・プラスの氣、体が暖かくなる、明るい

 

邪気・・・マイナスの氣、体が冷える、暗い