技や術の原理について

原理を知ることの重要性

 

技や術をかける時に原理を知ることは、大事なことです。

 

ヒーリングなども直接触る、ヒーリングや遠隔でする場合もあります。

 

ヒーリングを含めた技では、色々な段階のかけ方がありますが、ある段階における原理です。

 

 

それは

 

①相似(フラクタル)

 

②縁(ネットワーク)

 

です。

 

相似とは、

 

原因と結果が似ることに始まり、有名なものをあげると

 

雨乞いの中には、必ず口に水を含み吐き出すという、雨が降ることに類似する様式が入っていたり

 

呪術でよく知られる、藁人形なども類似ですね。

※ちなみに、こちらは呪いで有名ですが、逆に人形にヒーリングすることによって、癒やしの効果を出すこともできます。

 

占いの世界では、辻占い、タロット、梅花心易、金口訣なども、相似の原理ですね。

 

心理学の世界でも、深層の心理が現実世界に反映されているという理論もあります。

※こちらの話をすると、本人はこの現実を望んでいないと言う人がいますが、これは表層の心理と深層の心理のズレがあるからです。

 

とは

 

人と人

 

人と物

 

などの相互に影響を及ぼし合う関係を言います。

 

こちらは、さらに縁の強い、弱いと良いと悪いの分類ができます。

 

 

方向性として

 

技や術の方向性もあります。

 

こちらは

 

の方向性です。

 

良い方向か、悪い方向かですね。

 

 

氣功が上達してくると、

 

縁についてもアプローチ出来るようになってきます

 

ご興味ある方は、レッスンの中でお伝えします。

 

今何かのエネルギーワークなどをされている方は、基礎力をあげる必要があります。

 

基礎力とは、氣(エネルギー)をどれくらい感じれるか、どれくらい扱えるかなどです。

 

基礎力を上げるのは、経絡やチャクラの開発が必須です。

 

オススメは小周天です。

漢方薬メモ

氣功の修練の役立つ漢方薬

 

・地膚子・・・精力増強、回春に効果あり。

 

・萎蕤(いずい)・・・強壮、保湿、疲労回復、利尿。

 

・黄精・・・強肝、強腎、不老長生、美肌。

 

・麦門冬・・・虚弱体質の強化、衰弱回復。

 

・牛蒡子・・・解毒、化膿、浮腫に効果。

 

・肉蓯蓉(にくしょうよう)・・・精力増強、血行をよくし、気力旺盛、臓器の強化。

 

・地骨皮・・・ホルモン増強、強壮剤。

 

・竜眼肉・・・延命長寿、回春、強壮。

 

・土通草・・・スタミナ、老化防止、強精。

 

・淫羊霍(いんようかく)・・・性的若返り、不老長寿、催情効果。

 

・杜仲・・・強壮、保健。

 

・石南葉(しゃくなげ)・・・強壮、回春。

 

・羅摩子(らまし)・・・回春、強壮。

 

砂と土による療法

 

海岸や河原に浅く穴をほって、体全体を砂でおおって、8時間じっとしている。

 

田んぼや畑などの栄養のある土ではなく、河原とか山を堕した土が良い。

 

土の種類も

消化器系・・・赤土

循環器系・・・黒土

呼吸器系・・・砂

 

掘り方は、幅70,深さ50センチほど。

 

安楽イスに寝たような姿勢でパンツ一枚で仰向けに寝る。頭はタオルで包み、体には6~9センチ砂をかける。

 

頭の所に傘を立てて日よけをする。

 

水分摂取もしっかりとする。

 

時間は午前8時から夕方4時までの8時間。

 

以下の本より