陽気の発生について

仙道の入門である陽気の発生について

 

仙道では、氣を高め、強め、コントロールしていきます。

そして、健康の増進、潜在能力の開発、神秘体験などが起きていきます。

 

一つの目標が小周天になります。

 

小周天とは、基本的には丹田で陽気を発生させて、任脈、督脈に氣を巡らします。

※小周天には段階があります。

 

この陽気の発生段階で、うまくできない人がいます。

 

以下、陽気の発生についてのポイントです。

 

陽気の発生について色々

 

陽気を発生させる理由・・・閉じてしまった経絡を開いていくために陽気を発生させます。

 

陽気の種類・・・陽気も種類があります。人によって、日によって、練り方によって違います。

本で独習する場合、間違えやすいです。

 

陽気が発生していても感じない・・・氣を読むと陽気が発生している場合でも、本人が自覚がない場合があります。

こちらも陽気が発生しているのに、自覚がないので次の段階に進めないです。

 

別のところに陽気が発生している・・・陽気の発生が別のところで発生していますが、これも自覚がないために進まないです。

 

下丹田にこだわりすぎている・・・一般的には、下丹田で陽気の発生となっていますが、流派によっては中丹田から発生させたり、他の場所で陽気を発生させたりします。

場所にこだわる必要はありません。

 

陽気は発生させるものかするものか?・・・発生させるともいえますし、発生するとも言えます。

 

呼吸法をしないといけないか・・・武息をして陽気の発生とありますが、陽気の発生は呼吸法を使わなくとも可能です。

 

など間違えやすい点です。

 

精宮、チャクラについて

精宮とチャクラ

 

氣功では、精宮と良い、ヨガなどではチャクラと良いものがあります。

 

こちらを開発することが1つの目的になります。

 

 

第1

 

さい宮・ムーラダーラ

 

会陰部、生命力の根源 

 

先天の氣、クンダリーニの覚醒に関係、ここから上昇していくとされ、頭上を突き抜けて、宇宙と一体となる

 

第3に連動していて、とともに、初めに開発される事が多い。

 

音はド マントラは「イ」

 

色は

 

第2

 

玄宮 スワディスターナ

 

活力、性的なもの、無意識のコントロール

 

氣功、日本武道でいう下丹田、不動心

 

音はレ マントラは「エ」

 

色はオレンジ

 

第3

 

丹宮 マニプーラ(マニは宝石、プラハ町)

 

太陽神経叢など

 

音はミ マントラは「ウ」

 

色は黄色

 

第4

 

心宮 アナハタ(止まることがない)

 

心臓など 手当能力と関与

 

音はファ マントラは「オ」

 

色は

 

第5

 

いつ宮 ヴィシュッダ

 

浄め

 

喉、甲状腺

 

音はソ マントラは「エ」

 

色は

 

第6

 

命宮 アジナー

 

交信能力 脳

 

音はラ マントラは「イ」

 

色は

 

 

黄宮 サハスラーラ

 

天と繋がる

 

音はシ マントラは「ア」

 

色は紫(白)

 

物質、精神に関与するレベル

 

チャクラはそれぞれ、色々なものに対応しています

 

1~3のチャクラは、肉体的、物質的なものに関係します

 

 

第5~7は、霊的、精神的に関係しています

 

 

チャクラ開発法について

 

様々なチャクラの開発法があります

 

・体を動かすことによって開発したり

 

・音で開発

 

・イメージで開発

 

・内的な眼でみることによって

 

・他者から開いてもらう

 

チャクラのイメージで開発する、場合に疑問が出る場合があります

 

それは、イメージが全然違うということです

 

これは、見る人により変換されるのでこういった事がおきます。

 

氣功では、複雑なイメージはあまり使わずに開発します。開発した結果瞑想中に、そこに対応した色やイメージが見えたりシます。

 

ヨガなどでは、複雑なイメージを使い開発したりします。

 

これも、その人の特性により、向き不向きがあるようですね。

 

精宮、チャクラを開発されたい方、気軽に遠隔レッスンを受けてみてください。

漢方薬メモ

氣功の修練の役立つ漢方薬

 

・地膚子・・・精力増強、回春に効果あり。

 

・萎蕤(いずい)・・・強壮、保湿、疲労回復、利尿。

 

・黄精・・・強肝、強腎、不老長生、美肌。

 

・麦門冬・・・虚弱体質の強化、衰弱回復。

 

・牛蒡子・・・解毒、化膿、浮腫に効果。

 

・肉蓯蓉(にくしょうよう)・・・精力増強、血行をよくし、気力旺盛、臓器の強化。

 

・地骨皮・・・ホルモン増強、強壮剤。

 

・竜眼肉・・・延命長寿、回春、強壮。

 

・土通草・・・スタミナ、老化防止、強精。

 

・淫羊霍(いんようかく)・・・性的若返り、不老長寿、催情効果。

 

・杜仲・・・強壮、保健。

 

・石南葉(しゃくなげ)・・・強壮、回春。

 

・羅摩子(らまし)・・・回春、強壮。

 

砂と土による療法

 

海岸や河原に浅く穴をほって、体全体を砂でおおって、8時間じっとしている。

 

田んぼや畑などの栄養のある土ではなく、河原とか山を堕した土が良い。

 

土の種類も

消化器系・・・赤土

循環器系・・・黒土

呼吸器系・・・砂

 

掘り方は、幅70,深さ50センチほど。

 

安楽イスに寝たような姿勢でパンツ一枚で仰向けに寝る。頭はタオルで包み、体には6~9センチ砂をかける。

 

頭の所に傘を立てて日よけをする。

 

水分摂取もしっかりとする。

 

時間は午前8時から夕方4時までの8時間。

 

以下の本より