サハスラーラーは花びらが開く

氣功による体験、サハスラーラ

 

氣功マスターコースでは、通常長い年月をかけて開いていく経絡・チャクラをこちらの誘導で短期間で開発が可能になります。

 

仙道では、経穴、精宮などと表現されて、ヨガではチャクラなどと表現されるポイントがいくつかあります。

 

頭の天辺にあるところを、氣功では百会、ヨガではサハスラーラなどと呼ばれます。

(流派によりいろいろな呼び方があります、また表現方法も異なります)

 

開くと花びらが見えた

 

ある人のレッスン中の出来事です。

 

百会を開いていると、

 

「頭に花びらが見えます、今それが開きました」

 

この方はチャクラなどの予備知識を持っていない方です。

 

その後は氣の流れに変化がでて、氣感が上がりました。

 

チャクラが開くときは、個人差がありいろいろな変化があります。

 

チャクラは開くことも大事ですが、開いたあとの変化に対応することも大事です、マスターコースでは、その辺りの指導もしっかりとさせていただきます。

 

タントラについての基礎知識

仙道を紐解くと、歴史の中でヨガなどとの交流を見て取れます。

 

お互いに、背景にあるものが違いますが、似ている部分もあり、参考になります。

 

いか、タントラについて簡単な基礎知識です。

 

 

タントラとは、知識を広げる、自分に目覚めるための知識を身につけるということです。
古代インドの伝統の中心にあったと推測されます。

 

その思想には、宇宙は「オーム」のような基本音から展開したと言います。
すべては、振動を凝縮した音である。

 

肉体は、霊魂を発展させる最も強力な道具とみなす。

 

この世のものは、プルシャ(男性原理)と、プラクリティもしくはシャクティ(女性原理)からなる二元論。

 

肉体には、微細身を持つ、この体にエーテル回路がありナーディーと言われる。

 

月の回路のイダー(白色)、太陽の回路のピンガラ(赤色)、中心のスシュムナー。
スシュムナーの中に、ヴァジラーとチトリニーがあり、このカイロをクンダリーニが通る。

 

クンダリーニは各チャクラを開き、上昇してサハスラーラチャクラにて、純粋な意識のシヴァと結びつく。

チャクラの図の花びらの数は、振動数をさしている。

チャクラは、車輪を意味から来ている。

下部のチャクラが花びらが少なく、丈夫は花びらが多い、振動数が増えていく。

 

人は自分を倒す相手を利用して立ち上がらねばならない

 

精神=物質

 

完全な人間とは、1つに溶け合った男性と女性

 

一人の人間と、宇宙的な自我というか純粋意識とを結びつける方法(シヴァ・シャクティ)

 

性交時の儀式、五摩事のMとは、マディヤ(酒)、マンサ(肉)、マツヤ(魚)、マドラー(穀物)、マイトゥナ(性交儀礼)
聖典より「享楽を与え、人々の苦を除く酒は火、心身に栄養と力をもたらす肉は風、生殖力を増進する魚は水、地上に生じて生命のもととなる穀物は地、世界のすべての創造の根源である性交は空である。」

 

仏教タントラの4種

①所作タントラ・・・供養、礼拝などの儀礼、それを行う真言、印契など外面的なもの

②行タントラ・・・内面的な瞑想の作法を加えたもの

③瑜伽タントラ・・・行者と仏、菩薩との合一

④無上瑜伽タントラ・・・呼吸とか気管、脈管の活動などの生理作用を応用して、仏と人の一体化

 

ヨガの左道と右道・・・性交を用いて解脱を目指すものが左道、チャクラを活性化させて解脱を目指すものを右道

 

白山登山 山で修行する理由

白山登山

 

先日は、3大霊山の1つである「白山」に登ってきました。

 

過去には、御嶽山にも登ったことがあります。

 

修行といえば、山ごもりも良くされるものです。

 

山ごもりの効果は沢山あります。

 

山はエネルギーが高いです。

 

形にはエネルギーがある

 

氣、エネルギーについて理解が進んでいくと実感できるのですが、形も氣があります

 

色々な図形や文字も、それだけでも固有のエネルギーがあります。

 

山は、大地から拭き上げた氣が感じる事ができます。

 

そのエネルギーは強く、山並みに沿い、だんだんと降りてきます。

 

その時に、特定の組み合わせ場所で、氣がたまる所があります、風水ではこれを龍穴と呼びます。

 

その龍穴に先祖の墓をたてたり、家をたてて住むことによって、大地の氣を貰うことが可能になります。

 

白山でのパワースポット

 

また山にもパワースポットがあります。

 

そこで、練功や瞑想をすると、色々な変化を感じることができ、修行のレベルアップも可能です。

 

いくつか、今回撮ってきました写真をあげさせてもらいますね。

 

途中にありました、「延命水」です。

氣が含まれた水でした。

 

 

途中のスポットです、天に繋がりやすいです。

 

人通りが少なくなった時にこっそりしてました(笑)

 

 

白山は初めてでしたが、今回1番良かった場所です。

途中から、ここが氣になってました。

 

 

太陽、自然の綺麗さを感じた瞬間です。

精宮、チャクラについて

精宮とチャクラ

 

氣功では、精宮と良い、ヨガなどではチャクラと良いものがあります。

 

こちらを開発することが1つの目的になります。

 

 

第1

 

さい宮・ムーラダーラ

 

会陰部、生命力の根源 

 

先天の氣、クンダリーニの覚醒に関係、ここから上昇していくとされ、頭上を突き抜けて、宇宙と一体となる

 

第3に連動していて、とともに、初めに開発される事が多い。

 

音はド マントラは「イ」

 

色は

 

第2

 

玄宮 スワディスターナ

 

活力、性的なもの、無意識のコントロール

 

氣功、日本武道でいう下丹田、不動心

 

音はレ マントラは「エ」

 

色はオレンジ

 

第3

 

丹宮 マニプーラ(マニは宝石、プラハ町)

 

太陽神経叢など

 

音はミ マントラは「ウ」

 

色は黄色

 

第4

 

心宮 アナハタ(止まることがない)

 

心臓など 手当能力と関与

 

音はファ マントラは「オ」

 

色は

 

第5

 

いつ宮 ヴィシュッダ

 

浄め

 

喉、甲状腺

 

音はソ マントラは「エ」

 

色は

 

第6

 

命宮 アジナー

 

交信能力 脳

 

音はラ マントラは「イ」

 

色は

 

 

黄宮 サハスラーラ

 

天と繋がる

 

音はシ マントラは「ア」

 

色は紫(白)

 

物質、精神に関与するレベル

 

チャクラはそれぞれ、色々なものに対応しています

 

1~3のチャクラは、肉体的、物質的なものに関係します

 

 

第5~7は、霊的、精神的に関係しています

 

 

チャクラ開発法について

 

様々なチャクラの開発法があります

 

・体を動かすことによって開発したり

 

・音で開発

 

・イメージで開発

 

・内的な眼でみることによって

 

・他者から開いてもらう

 

チャクラのイメージで開発する、場合に疑問が出る場合があります

 

それは、イメージが全然違うということです

 

これは、見る人により変換されるのでこういった事がおきます。

 

氣功では、複雑なイメージはあまり使わずに開発します。開発した結果瞑想中に、そこに対応した色やイメージが見えたりシます。

 

ヨガなどでは、複雑なイメージを使い開発したりします。

 

これも、その人の特性により、向き不向きがあるようですね。

 

精宮、チャクラを開発されたい方、気軽に遠隔レッスンを受けてみてください。

チャクラが開くと、遠隔で気を読み取れる

チャクラが開くと、感覚が高まる

 

ヨガでも、気功でもチャクラを開いていくのですが、開くと感覚が変わってきます。

 

チャクラが開けば開くほど情報(気)を感じる能力が高くなり、自分の体や心の変化としてはっきりとしてきます。

 

チャクラを開発する上で、こういう現象が日常で起きてくると知っておくと良いので記事にします。

 

先日の相談例

 

ある女性からLINEが来ました。

 

「写真を見てほしいのですが」

 

その文章をみた途端に、心臓に違和感を感じて、左の背中が寒くなってきました。

 

これで、良くない写真と分かりました・・・

 

※この時点では、どんな写真かは教えてもらっていません。

 

そして、写真を送られてみた瞬間に、さらに寒さが左の肩の上まで広がりました。

 

送ってきた相手も同じように感じていました。

 

(こういう良くない写真のデータはすぐに消したほうが良いです。)

 

話が終わると、LINEの画像データを直ぐに削除しました。

 

別のケース

 

また別の例です。

 

知り合いのしている、飲食店で御飯を食べていました。

 

 

すると、突然、心臓の裏に痛みが・・・

 

※心理的なプレッシャーを感じると、背中の辺りが詰まる感じ、固くなる、痛くなるなどの現象が表れます。

 

すると、数秒後に知り合いが、近くにきて、

 

「最近、困ったことがあって・・・」

 

と話し始めました。

 

知り合いの悩みのエネルギーが入ってきた例です。

 

良いことももちろんあります

 

チャクラが開くとこういった事が起きてきます。

 

またチャクラを開くメリットとしては

 

氣に対する感受性が高まるので、良いエネルギーをしっかりと感じれる。

 

 

人の感情の読み取りの能力が高まり、人間関係を有利にすすめることが可能。

 

 

 

チャクラを開くの言葉が独り歩きしている感じをたまに見受けます。

 

開く事により、感覚が変わり、変化が起きてきます。

 

それを知っていただけたらと思いました(^^)