氣功教室

瞑想=氣功ではない

氣功の理解は知識のみではかく、実践で、氣を扱い体験することが大事です。

 

これらは、体験知とも呼ばれます。

 

氣は、単純なイメージ上の産物ではなく、物質的なものです。

 

物質的なものなので、量や形などの概念が入ります。

 

講座の中では、単純に氣ではなくて、

 

精、氣、神の氣の三宝の理解

 

別の量や形などの側面からも理解を深めます。

 

氣と言えば、

 

体操? 呼吸法? 瞑想?

 

 

などと聞かれたりをしますが、類似する成分はありますが、=ではありません。

 

小周天の基本の陽気の発生も、

 

静坐しなくても、武息なども使わなくても発生します。

 

この辺の知識を丁寧に説明してあり、書籍はあまり見かけません。

 

氣功という言葉が一般化、手軽に氣功を習えるように半面、小周天の初歩で止まっている先生が教えるケースが増えてきたので、しょうがないのかも知れません・・・