氣功教室

氣功の基礎 止漏法について

止漏法について

 

氣功の基礎は、精を溜めて、氣に変えることから始まります。

 

通常では人が生きていることは、脳や、筋肉が動き、目を使い、時には、精を漏らすことです。

 

これは、ある意味、生命エネルギーとしての氣(精)の消費です。

 

この漏らす、あるいは漏れてしまう氣を貯めることで、精を氣に変えていく段階が

 

練精化氣

 

と呼ばれます。

 

講座では、氣を補いながらすすめていきますが、基本でるある、氣の消費は少ないほうが良いです。

 

人によっては貰うことが致命的になりますから。

 

さらに現代では、生活環境の変化、夜勤や休日が関係ない、食事からの氣の吸収が絶望的で、これでは業がなかなかすすまないのも当然のようです・・・

 

代表的な方法

 

高藤氏の書籍より、代表的な方法です

 

①夜更かし

 

②目の使いすぎ

 

③天候不順、不眠の時に無理をする

 

④暴食、暴飲

 

⑤ものごとを行う時に過度の緊張

 

⑥喜怒哀楽に振り回される

 

⑦精液を漏らす

 

⑧男性は50歳以上、女性は35歳以上は普通の生活をしていても漏れやすい

 

1が1番氣な漏れます、順番に氣の漏れやすさです。

 

参考にしてくださいませ。

 

⑨熟睡できない、食欲がない、ものごとを氣にしやすい、便通が良くないなどの状態