氣功教室

技(術)の定義

技(術)の定義はこちら

 

ヒーリングや、結界など、技と呼ばれるものが沢山あります。

 

引き寄せの能力が願望達成も、ある意味技や術と呼べます。

 

この時に大事な考え方があります。

 

 

技(術)= 力の強さ(ハード) + 方向性(ソフト)

 

で成立します。

 

これはスポーツを例で上げると、野球のピッチャーの場合であれば、

より速く玉を投げようとすると

 

基礎の体がハード面ですね。

 

基本となる体ができていなければ、速い球を投げることは難しいです・・・

 

野球に関する、技術的なこと、ルールなどがソフト面ですね。

 

体が素晴らしくても、野球を詳しく無ければ、投球について知らなければなりません!

 

例えばサッカーで世界レベルの体も持っている人でも、野球が素人であれば、使えないのと同じですね。

 

ですから、誰かにヒーリングや技をかけようとすると

 

氣(エネルギー)を質的に、量的にどれだけ扱えるか

 

 

いつどんな風に誰にかけるか

 

の両方が必要になります。

 

伝授を受けたが使えない場合は、基礎のハード面が低い場合がありますね。

 

伝統に見る方法

 

力を強めたり、方向性をつける上で伝統の方法にも沢山のやり方があります。

 

霊符を使ったり

 

マントラ、お経を使ったり

 

儀式を使ったり

 

その他様々な道具を使ったりもします

 

高藤氏は、仙道魔術遁甲の法では遁甲布を書かれていますね。

 

 

これらの物は有効に使うと、技の効果がアップしますね。