氣功教室

修練の環境など

修行の環境について

リラックスのしやすさ、氣の巡りなどは環境・場所と関係があります。

流派によっては、「龍穴」と呼ばれる特殊な場所で修行や、山の中や木の近く自然の中で修行などをします。

最近流行りのパワースポットでも、氣の巡りが上がるのが感じられます。

場所や環境によっては、氣の流れが悪くなることもあり、効果的に行を進めるには場所や環境も大事になってきます。

場所や家の氣の流れをみたり、整える方法を「風水」と言います。

・・・あまりうるさくないこと、場合によっては自然の音や特殊な音源を使う場合も有効です。

明暗・・・明るすぎる場合や直射日光なども考える必要があります。

温度・・・暑すぎる、寒すぎる場合も集中できないです、逆にエアコンなどを使いすぎても氣の流れが悪化します。

・・・上記のエアコン、扇風機などの風が強く体にあたると、氣の流れが悪くなるます。

外でする場合にも強い風は影響がでてしまいます。

湿度・・・乾燥しすぎては良くない、呼吸器を痛めます。湿気が多すぎても良くないです。

電磁波・・・現代であれば、電磁波の環境にも注意が必要です。電磁波がたまりすぎている場合は、アーシングも有効です。

※上記は初心者の場合と上級者で異なります。

上級者になると、日常生活でも自分のコントロールで瞑想状態に入れないと、高度な技が使えないので様々な状況・環境でも行えるようになってください。

場所の氣も自分でコントロール、調整できるようになります。

体調について

・・・陽気を発生させると汗をかくのでしっかりと処理をします。

大、小便・・・便意や尿意は意識の集中を妨げるので、予めすませておきます。途中で感じたら、我慢せずにトイレにいく。

病気や体調不良・・・健康な状態で行うやり方と、体調が悪い場合に行うやり方が違います。

その状態にあったものを行うこと。

眠気・・・睡眠不足気味であれば、睡眠を取ること。

睡眠が足りている場合は、意識の集中場所を変えます。

行が進むと睡眠時間が短くなるなども変化が起こります。行は進んでいるつもりでも眠くなる場合は、脳波のコントロールが弱いか、経絡の開発が不十分で脳まで氣が流れていないことがあります。

食事内容によっても、眠気は変わる、糖質過多に氣を付けること。

妄想・・・妄想が出すぎる場合は、意識の集中が弱い場合は、外部の邪気の影響がある場合もあります。行の進歩によって改善します。改善しない場合は、氣の能力が変わっていないことが多いです。

時間について

修練についての時間です。

24時間練功、行住坐臥という言葉もあるように、一日の中で練功する時間、意識する時間が多いほど効果的です。

伝統の中で、効果の多いとされる時間や時期があります。

陰陽が交代する時間

子の刻(23時~1時)

午の刻(11時~13時)

卯の刻(5時~7時)

酉の刻(17時~19時)

各時刻は五臓に対応して働きが高くなる時刻や働きが低くなる時刻があります。

臓器高期低期
胆嚢23:00~01:0001:00~03:00
肝臓01:00~03:0003:00~05:00
03:00~05:0005:00~07:00
大腸05:00~07:0007:00~09:00
07:00~09:0009:00~11:00
脾臓・膵臓09:00~11:0011:00~13:00
心臓11:00~13:0013:00~15:00
小腸13:00~15:0015:00~17:00
膀胱15:00~17:0017:00~19:00
腎臓17:00~19:0017:00~19:00
心包19:00~21:0021:00~23:00
三焦21:00~23:0023:00~01:00

鍼灸治療で、子午流注法などでも利用されます。

午前と午後、陰の時間帯、陽の時間帯

夜は陰の時間帯で、昼は陽の時間帯です。

陰と陽はどちらが悪い、良いではありません。それぞれの特性の違いです。

陰の時間帯は、意識の練功、リラックス、性功などに適しています。

陽の時間帯は、肉体の練功、活力を増やす、命功などに適しています。

二十四節気も効果的

1年を通したときには、二十四節気の日に練功がおすすめです。

小寒、大寒、立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨、立夏、小満、芒種、夏至、小暑、大暑、立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降、立冬、小雪、大雪、冬至がそれにあたります。