人や物の氣を感じる

人の氣を感じる

 

相手として適当な人は、元氣な人や、仲の良い人、氣が合う人です。

※人と人が関係を持つと氣の交流が始まり、お互いに影響がでます。

 

お互いの手の平で感じる

①相手と数10センチ離れて、向かい合います。

②お互いに手の平を向かい合わせて、お互いの手の平を10センチほど離します。

③相互に手の平を、離したり近づけたり、ズラしたりして氣を感じます。

 

相手の体の氣を感じる

人の体は、肉体の外に氣の層があります(オーラ、生体場)

 

これには健康状態や精神状態などが反映されます。

 

人によって層の大きさも違い、氣の感覚も違います。同じ人でも、体の場所によって、感覚が違います。

 

相手の体の各部位に、手の平を近づけたり離したりしながら、氣を感じます。

場所を移動して感じていきます。

 

植物や石の氣を感じる

 

植物にも氣があります。

 

手の平を近づけたり、離したりしながら、また場所を移動しながら氣を感じます。

 

石も氣があります。

 

人の体と同じように、それぞれ氣の感じ方が違いますし、場所によっても氣の感覚が違います。

 

それを感じるようにしていきます。