陽気の発生について

仙道の入門である陽気の発生について

 

仙道では、氣を高め、強め、コントロールしていきます。

そして、健康の増進、潜在能力の開発、神秘体験などが起きていきます。

 

一つの目標が小周天になります。

 

小周天とは、基本的には丹田で陽気を発生させて、任脈、督脈に氣を巡らします。

※小周天には段階があります。

 

この陽気の発生段階で、うまくできない人がいます。

 

以下、陽気の発生についてのポイントです。

 

陽気の発生について色々

 

陽気を発生させる理由・・・閉じてしまった経絡を開いていくために陽気を発生させます。

 

陽気の種類・・・陽気も種類があります。人によって、日によって、練り方によって違います。

本で独習する場合、間違えやすいです。

 

陽気が発生していても感じない・・・氣を読むと陽気が発生している場合でも、本人が自覚がない場合があります。

こちらも陽気が発生しているのに、自覚がないので次の段階に進めないです。

 

別のところに陽気が発生している・・・陽気の発生が別のところで発生していますが、これも自覚がないために進まないです。

 

下丹田にこだわりすぎている・・・一般的には、下丹田で陽気の発生となっていますが、流派によっては中丹田から発生させたり、他の場所で陽気を発生させたりします。

場所にこだわる必要はありません。

 

陽気は発生させるものかするものか?・・・発生させるともいえますし、発生するとも言えます。

 

呼吸法をしないといけないか・・・武息をして陽気の発生とありますが、陽気の発生は呼吸法を使わなくとも可能です。

 

など間違えやすい点です。