氣功教室

技や術の原理について

原理を知ることの重要性

 

技や術をかける時に原理を知ることは、大事なことです。

 

ヒーリングなども直接触る、ヒーリングや遠隔でする場合もあります。

 

ヒーリングを含めた技では、色々な段階のかけ方がありますが、ある段階における原理です。

 

 

それは

 

①相似(フラクタル)

 

②縁(ネットワーク)

 

です。

 

相似とは、

 

原因と結果が似ることに始まり、有名なものをあげると

 

雨乞いの中には、必ず口に水を含み吐き出すという、雨が降ることに類似する様式が入っていたり

 

呪術でよく知られる、藁人形なども類似ですね。

※ちなみに、こちらは呪いで有名ですが、逆に人形にヒーリングすることによって、癒やしの効果を出すこともできます。

 

占いの世界では、辻占い、タロット、梅花心易、金口訣なども、相似の原理ですね。

 

心理学の世界でも、深層の心理が現実世界に反映されているという理論もあります。

※こちらの話をすると、本人はこの現実を望んでいないと言う人がいますが、これは表層の心理と深層の心理のズレがあるからです。

 

とは

 

人と人

 

人と物

 

などの相互に影響を及ぼし合う関係を言います。

 

こちらは、さらに縁の強い、弱いと良いと悪いの分類ができます。

 

 

方向性として

 

技や術の方向性もあります。

 

こちらは

 

の方向性です。

 

良い方向か、悪い方向かですね。

 

 

氣功が上達してくると、

 

縁についてもアプローチ出来るようになってきます

 

ご興味ある方は、レッスンの中でお伝えします。

 

今何かのエネルギーワークなどをされている方は、基礎力をあげる必要があります。

 

基礎力とは、氣(エネルギー)をどれくらい感じれるか、どれくらい扱えるかなどです。

 

基礎力を上げるのは、経絡やチャクラの開発が必須です。

 

オススメは小周天です。