氣を強化する方法

仙道、氣功の目的の1つは、氣の強化とコントロールです。

 

氣はある意味で生命エネルギーであり、肉体や精神を使ったり、脳活動をすることによりだんだんと減ってきます。

氣は様々な方法で、氣を吸収することにより、健康を高めて、さらに潜在能力を開発していきます。

 

仙道は、内丹術とも呼ばれます。

氣を練って丹を作りあげるからです。

 

伝統体系の氣を吸収する方法では以下のように分けれます。

 

地丹(食事法)・・・飲食から氣を吸収

 

人丹(房中術)・・・人、異性から氣を吸収

 

天丹(築基法)・・・呼吸や意識を使って氣を吸収

 

この中で、大きな分類として、人丹を取り入れる流派と取り入れない流派が分かれます。

 

取り入れる流派を「栽接法」、取り入れない流派を「清浄法」などと呼びます。

 

また、体内で氣を練って丹を作ることを「内丹術」と呼ぶのにたいして、色々なものを混ぜて、作成したものを飲んで仙人になることを「外丹術」などとも呼びます。

 

 

功法としての強化法、3種

 

内功(静功)・・・静かに座って意識の集中や呼吸で氣をねります

 

外功(動功)・・・体を動かしながら氣を練ります

 

外部からの氣の吸収・・・様々な対象から氣を吸収して氣を練ります