気を動かすコツ 腕周天 小周天

気を動かすには、気の知覚、強化が必要

 

氣が流れる経絡は全身にあり、その全身の経絡に氣を自由自在に流していけるようになります。

 

その時に、氣の知覚や強化が必要になります。

 

伝統的な方法では、丹田が一般的とされますが、手の平も氣を感じやすく、発生させやすいです。

ほとんどの方は手の平は、敏感な部分です。

 

まずは、氣を知覚、すなわち感じれないと、いまどこに気が巡っているのかや、どこまでコントロールできているかがわからないです。

 

この時に、氣が強くなると感じやすくなります。ですので、強化(温養)することも必要です。

 

気功の上達に従って、曖昧だった感覚がより、はっきりと感じられるようになります。

 

腕を巡らす、腕周天

 

腕を一周させる腕周天があります。

 

初めに、手の平に意識を集中させたり、こすり合わせたりして、気を発生させます。

 

その気を、腕を回していきます。

順番としては、手の平→肘→肩→胸→逆の肩→逆の肘→逆の手の平→手の平です

 

この時に、コツというか二通りのやり方があります。

 

①手の平で気を強く発生させて、それを順番に巡らせていって一周させる

 

②途中のポイントで先に気を発生させて繋いでいく

 

です。

 

②とは、まず手の平で気を発生させて、腕のツボの中で意識の集中しやすいところ、気が発生しやすい、ツボで気を発生させて、先ほどとのルートを作っていく、繋いでいく感じです。

同じように、次のポイントでも強くして、そこと繋げます。

※次のツボとの距離近いほど繋げやすいので、近くて気が強化されるポイントがおすすめです。

 

①も②も意図とすれば一周させるのですが、アプローチが違います。

やりやすい方法で、行ってください。

 

また、腕周天の場合、手の平通しの距離があります。

 

これも、わずか数センチのように近づけたほうがやりやすい人と、10センチ以上離した方がやりやすい人がいます。

 

手の平と手の平を気を巡らすときは、意識で繋げます。

強くなれば、空間を通る気もコントロールできますが、初めは意識で繋いでください。

 

繰り返し、繰り返しすることによって、気の強化とコントロール能力が磨かれます。

 

小周天でも同じ

 

小周天でも同じように、

 

1周させるまでに

 

①丹田で陽気を発生させて、巡らせていくのと

 

②途中のツボごとで先に気を発生させて、それを繋いでいく

 

の方法があり、状況によって、使い分けると効果的です。