陽気の発生

小周天は、督脈と任脈に氣をまわします

 

体内を流れる気を感じて、強めて、コントロールしていきます。

 

気が流れるルートを経絡と言います。

一般的な分類では、

 

正経十二経脈

・奇経八脈

 

などと分類されます。

 

この中で、背中側の督脈と、お腹側の任脈に氣を巡らすことを小周天と言います。

 

氣を巡らすわけですが、気の知覚がなければコントロールできません。

また、経絡を開く必要もあります。

 

そこで、熱感・陽気を発生させることから始めるのが一般的です。

 

陽気の発生について

 

特定の場所に意識の集中と呼吸・下腹部や肛門の運動を用いて、陽気を発生させていきます。

※上級になれば、意識のみで発生します。また、受動的に陽気が発生することもあります。

 

意識を集中させる場所について

 

下丹田(気海)

会陰

膻中

湧泉

百会

印堂

命門

 

などが一般的です。

 

仙道の呼吸法

 

一般的には、3種類の呼吸法が使われます。

 

呼吸法をする場合には、背筋をまっすぐとして、下を上顎につけます。

※上顎につけることによって、督脈と任脈を繋げます。また、下を付ける場所によって効果が変わります。

 

①武息

 

意識的に、呼・止・吸をします。そのときに、下腹部の運動と、肛門の締め上げを行います。

 

上半身に力が入っている場合が多いです。

 

②分息

 

意識を使わない、肛門の締め上げも行わない呼吸です。

 

③半分息、調息

 

ゆっくり息をしながら、下腹部を動かします。

武息より、軽く力をいれます。

 

陽気が発生しない場合

 

呼吸を始めても、陽気が発生しない場合があります。

 

練精化氣という言葉がありますが、精が氣に変わります。

精とは、精力、生命力、体力です。

 

現代人は、心身ともに疲れ果て、飲食の質も変わり、飲食からの氣の吸収も悪いです。

 

すると精が足りないです。

 

精を貯めることが大事です。

 

また、呼吸法や意識の使い方も悪く、陽気が発生しない場合もあります。