氣功教室

周天法の流れ

周天法で氣の基礎力を上げる

氣を身に着けるにあたって、

①氣や経絡などの知識

②氣の本質的な基礎能力

③氣を使った具体的な技術

の3つを重要な柱としています。

知識のみでは、自分の心身が変わることはありません。

いくら基礎力を高めても、氣を使った具体的な技術を知らなければ、実生活において役立つ範囲が少ないです。

基礎力がなければ、技術を知っていても効果が少ないです。

 

スポーツの分野、野球を見ても、基礎のトレーニングとして、走り込みや、色々なトレーニングで身体を鍛えています。

ヒーリングなどの講座を受けて、伝授されてもうまく、使えないケースは、この基礎力が低い場合が多いです。

 

この基礎能力は

・氣の量、強さ

・氣の操作能力

・氣を感じる能力

・丹田、経絡、チャクラの開発

などに分かれます。

この基礎能力を高める方法として、周天法を行います。

 

周天法の種類と順序

氣の基礎力を高めるトレーニングの周天法ですが、いくつか種類があります。

腕周天・・・両腕で氣をまわします

小周天・・・督脈と任脈をまわします

全身周天(中周天・・・体全体、奇経八脈をまわします

大周天・・・天地の間でまわします

対人周天・・・自分と人でまわします

 

この中で、基礎能力を高める目的で行う場合は

腕周天)→小周天→全身周天→大周天となります。

 

他の行も加えると

リラックス(放鬆)→築基→陽気の発生(武息など)→小周天→全身周天→大周天

となります。

※リラックスは、氣功では導引(ストレッチ、スワイショウなど)、ヨガでは様々な体位になります。

 

スポーツでも、学習でも長年の経験などから、カリキュラムが組まれています。

基礎から順番に身に着けていくのが大事となり、気功では上記の順番となります。