氣功教室

気功の目的の放鬆と入静

放鬆と入静

気功の目的の一つは、放鬆入静です。

気功を通して、放鬆、入静したいわけです。

 

放鬆とは、肉体の視点から、体の力を抜くこと。弛緩すること、リラックスすることです。

入静とは、脳の視点から、深い瞑想状態、脳波を落とすことです。

特に現代人は過緊張、興奮状態になりやすく、健康法として、ヨガや気功が行われること。

企業でも、瞑想が取り入られていることが、これらが理由の一つです。

 

放鬆、入静と対応表

放鬆(弛緩)と入静(脳波を落とす)が目的であれば、そうではない状態、

非放鬆と非入静つまり緊張脳波が上がる状態もあるわけです。

 

それぞれの状態に対応する働き、変化があります。

状態緊張・固体弛緩・流体(放鬆)
自律神経交感神経副交感神経
受容器筋肉・靱帯関節包
太い神経線維不活性状態活性状態
意識顕在意識潜在意識
脳波α・β以上θ・δ以下(入静)
重心上・不安定下・安定
血流・体温下がる上がる
呼吸胸式・浅・早腹式・深・遅
心拍数・脈拍早くなる遅くなる
免疫低くなる高くなる
気の流れ減る増える

↑がそれぞれの対応表になります。

※流体とは、液体と気体が混じったもの、 気体と液体の総称

 

状態を切り替えること、深めること、操作すること

上の図で、緊張と弛緩の状態(放鬆・入静)の対応が分かります。

気功の目的の一つが放鬆と入静であれば、次に課題が分かります。

それは、

①切りかえること

②深めること

③操作すること

です。

 

通常では、

緊張状態で、体の不調、不安定、不眠、免疫の低下、呼吸は浅く、早く、気の流れも良くありません

この状態で半数以上の人は過ごしています。

自律神経失調症などは、その典型的なもので、交感神経から副交感神経に変わらずにいます。

 

そこでまずは、

緊張状態から弛緩状態に、

①切りかえること

です。

緊張状態と弛緩状態を、自分で切りかえることを身につけます。

これが放鬆と入静が最低限できた状態になります。

 

この切りかえができるようになると、次に、

②深めていきます

図で説明すると、

より関節包

より脳波を落とす

より呼吸を深く、遅く

より脈拍をおそく

ということです。

 

放鬆と入静がすすむと、呼吸、脈拍が遅くなってきます。

あるときは、呼吸が止まり、脈拍も遅くなっていき、感じなくなり、意識も深い所に落ちていくようになります。

この変化が深まっていくことでの変化です。

 

それができると

③操作することです。

操作するとは、緊張状態から弛緩状態

弛緩状態を深めていき、その状態を細分化していきます。

 

簡単にいうと

浅い弛緩状態・中ぐらいの弛緩状態・深い弛緩状態

に分けます。

そして任意の状態に早く入れるようになること、任意の段階でとめることなどです。

 

ある人は、深い段階まで、数十分時間がかかります。

別の人は、数分で深い段階までなれます。

その状態にまでなる時間に決まりはないということで、より早くなれるにしていきます。

 

また

ある人は、その状態なれるが、しばらくすると寝てしまったり、すぐ上の状態になったりして、その状態を維持できません。

その状態を維持できるようにしていきます

 

うまくなると、どのような状況でも、自己を変化させることが瞬間で可能になります。