氣功教室

宗教家の方もいろいろな氣の種類

言葉や文章よりも体験

 

当会のレッスンの特徴の一つとして、そのものの体験をしていただけます。

 

丹田を言葉や文章で伝えるよりも、丹田そのものを体験した方が伝わります。

 

例えば、色や味をある程度、言葉や文章で伝えることも可能です。

 

例えば、こういう料理の味を説明してもらうと、あるていど想像できますが、どれだけそのものの味と同じかは不明です。

 

一番はやいのは、食べてみることで、食べることによってはじめて、味が100%分かります。

 

丹田や経絡なども実は人によって違います。

 

それをいくら言葉で説明しても、本当のところはなかなか伝わりません。

※ここに思い込みというものも入ります・・・

 

丹田なども、そのものを体験するのが、一番はやく、理解ができます。

 

一度体験することによって、ゴールが分かり、進むべき方向が分かり、より効率的に修練ができます。

 

宗教家の氣

 

レッスンの中では、その方の必要な状態などを体験してもらうこともあります。

 

これもなかなか楽しい内容です。

 

宗教家の方の氣を体験しました。

 

一口に宗教家と言っても、氣の性質などは様々です。

 

背景にある、宗教の思想や個人の思想なども、絡み合ってまったく別物です。

 

宗教の教義も、成立した時代背景や、その民族、土地柄、時間の経過による変化などなどありますね。

 

・深い愛の宗教家

 

女性の宗教家で、この方は深い深い愛でした。

個人、家族、民族を超えた深い愛です。

人のみではなく、生物や植物、生きていることさえもありがたく、愛おしい気持ちです。

 

 

・明るく楽しく生きることに感謝する宗教家

 

ある宗教家は、ポジティブそのものです。

明るく、楽しく、「生きているだけで丸儲け」などの言葉そのものです。

人生は楽しみで満ちています、毎日が楽しくワクワクしています。

 

・圧倒的な存在感

 

この方は、圧倒的な存在感です。

オーラの大きさなどと言われますが、存在そのものが大きいです。

仏像などに後光がありますが、そのままの、光が後ろに見えるよいに、眩く、輝いています。

この人を見るだけで、その存在感に感動を覚えるほどです。

この方とは言葉を超えて、人種を超えて、感動を覚えます。

 

このように、氣を体験することは、上達へに近道となりまた楽しい経験でもあります。

 

その人の氣を体験した後で、その人の言葉や文章などを聞くと、より一層の理解ができます。