氣功教室

弛緩を身に付けるために

弛緩と気の上達

弛緩、リラックスが大事と知ってはいる。

出来たつもりになっている場合があります。

 

この弛緩は基礎であり、深めていくことで、気の上達に繋がるのですが、多くの場合、理解できていない。

実際に弛緩しない、弛緩が深まらないことが多いです・・・

 

鍼の施術の際もそうですが、緊張している認識すらないのが実情です。

これは、今の教育の影響もありますので、認識自体を変えていく必要があるのを感じます。

 

弛緩もできるようになるために、解説をしておりますので、参考になればと思います。

弛緩、リラックス、放鬆の段階について