氣功教室

陽氣が発生しないのは邪気が抜けていないから

陽気が発生しない場合は

 

伝統的な仙道の修行体系の初歩には、下丹田で陽気を発生させるという段階があります。

 

氣の密度が濃くなりますと、質的に転換します。

これをと呼びます。

丹を作る場所(田)で、丹田と呼びます。

 

通常は、呼吸と意識の集中および下腹部や肛門の動きを利用して、氣のめぐりを活性化させて、熱(陽気)を発生させ、それを練っていくのですが、なかなか熱が発生しない人がいます。

 

邪気は体を冷やす

 

氣は色々な種類に分けれますが、1つの分け方は

 

生氣と邪氣です

 

生氣に触れると、体の血流があがり、温かくなります。

 

邪氣に触れると、血流が下がり、冷えます。

 

日常では、氣の悪い場所に行くと、背中が冷える感じや、手が冷たくなるなどの反応が出るときがそうです。

 

気が良くない所は、暗い感じ、冷えた感じで、少し敏感な人であれば感じることができます。

 

たまには、ホラー系のテレビなども見ても、その波動により、冷える感じもでます。

 

この冷える反応はちょうど陽気の発生と逆の作用です。

 

つまり、邪気に触れることがあると陽気の発生は遠ざかります。

 

邪気は体にたまる

 

もう1つ大事なことがあります。

 

邪気は体にたまる場合があります。

 

日常的に、邪気に触れると体はたえず冷えています。

 

さらに、人によっては自分の邪気に気づかずに、それが理由で陽気の発生がなかなかできない場合があります。

 

人は自分の事は分かりにくいです。

 

邪気が入ってないつもりでも、邪気が多い場合があります。

 

その場合は、浄化をしっかりとしないと、行が進みません。

 

あなたの参考になればと思います。