氣功教室

体功、気功、意功の3つの功

人の機能、働きを高めるための3つの功

練功と言う言葉があります。

 

功は3つに分けて、考え、修練することが効果的です。

①体功

②気功

③意功

です。

この3つの功は、それぞれが独立しながら関連しています

 

体功について

体功とは物理的な体、肉体についてです。

ヨガや西洋の体系でも、はじめにリラックストレーニングがあります。

緊張は氣の流れを悪化させ、リラックスは氣の流れを促進します。

 

リラックスできれば出来るほど、気の流れが上がると言えます。

リラックスとは、余分な筋収縮、緊張をとると言うことです。

最小限の筋収縮とも言えます。

なので、体功の基本は肉体のコントロール能力を高めて、リラックスを高めていくことです。

言葉にすると簡単ですが、この余分な緊張をとることがなかなか難しいです。

重度の肩こりがあっても、自分で感じることで出来ず、人に触られてようやくわかる人もいるくらいです。

人は基本的に、自分の状態は知覚しにくい特性があり、それゆえにリラックスするのが困難です。

 

まず自分の体を感じて、どこの筋肉がどう収縮しているかを感じます。

その中で、必要以上の筋肉の緊張をとっていきます。

 

リラックスのメソッドとしては、

導引・ストレッチ、ヨガの体位、スワイショウ、自分でツボ押しなどが有効です。

 

気功や瞑想などをする場合は、

姿勢、足の角度、位置、手の使い方などもすべて氣の流れ、リラックスに関係していきます。

 

気功について

気功は、気について行うことです。

他のページでも紹介しているような、陽気の発生や、周天法などの内容です。

他のページを参考にしてください。

 

意功について

意功とは、意識について行います。

意識は、心の一つの側面でもあります。

※気の三宝(精・氣・神)で言うと、神に対応して、三丹田の観点からは上丹田に対応します。

意識で氣を操作するのですが、これにもいくつか種類があります。

 

体を動かすときに意識(心)の使い方、意識状態、体と意識の関係、意識の集中などトレーニングしていきます。

↓こちらの記事も参考にしてください。

意念について

 

体功と同じように、人は自分の意識についても無自覚、それを自由に使うことが難しいです。

瞑想するときに、雑念が起こる場合や集中できないなども、意識のコントロールがうまくできていないことで起こります。

その前提である、意識を感じることができていないです。

 

意識の集中(統覚)や、意識を感じる、コントロールする能力を上げることで、気の能力が上がります。

 

西洋の魔法では、

「魔法とは意識の変容」

「潜在意識の奥にある力を引き出す」

「意識に変革を起こす技術」

などと言われます。

意功は、顕在意識と潜在意識と分けられるように、そのどちらも対象としてトレーニングをしていきます。

 

知覚が出来るほど、操作できるようになります

上にあげた3つの功には

知覚が出来るほど、操作できるようになる

という特性があります。

人はそれぞれの分野で知覚できる範囲で、使用しています。

その範囲を広げるとも言えます。

 

体の骨格や筋肉などが別々の物として、知覚できるようになると、別の物として操作ができるようになります。

※通常は、骨格と筋肉が癒着、一体化しています。

氣も知覚するために、陽気として感じ、それをさらに強めたり、動かしていきます。

 

ただ反応するだけだった意識(心)も、働きを感じ、反応を感じ、仕組みを知覚していくことで操作ができるようになっていきます。

 

他者の知覚が可能になります

自己の知覚が深まることで、もう一つの変化が起きてきます。

自己の知覚に応じたレベルで他者の知覚が可能になる

と言うことです。

 

これは、気功のみに限ったことではありません。

スポーツの分野でも、ビジネスの分野でも、調理の分野でも、音楽の分野でも同じことが起こります。

 

自分より上のレベルのことはさっぱりわかりませんが、自分より下のレベルでのことは、手に取るようにわかります。

 

また他者ではなく、動物や植物などの知覚もできるようになります。

動物は、肉体を持ち、生命活動を行い(氣)、感情、意識があります。

植物は、肉体を持つという表現は適当かどうかわかりませんが、生命力があり、感情、意識も感じれます。

さらに、

山や川などの自然なども、大いなる働き、意識があるのを感じられるようになってきます。

 

3つの功をバランス良く修練する

これらの3つの功は、それぞれが独立しているようで、関連しています。

 

①氣の流れを上げるために必要なリラックス

リラックスするために、身体の意識状態、使い方が関係する

 

②身体の操作は意識で行い、意識で氣の流れが変化

 

③氣の変化と意識は関係があり、それにより肉体が変化する

などです。

氣を身に着けるにあたって、この3つの功をバランス良く、修練して身に着けていただければと思います。