氣功教室

速読インストラクターさんの丹光(アストラルライト)体験

体験談

性別:女性 

年齢:40代 

ペンネーム:ChieZ

 

速読などの脳トレのインストラクターをしています。自分が持っている本来の力を使えるようになれば、誰でも熟読で速読できるということを伝えています。

本来の力を使えるようになるには、「ゆるむ」というのが大切なのですが、その点が、先生が教えている太極拳や気功と共通していて、繋がるものが多々あります。

 

私はこの脳トレを通して、感性があがってきました。自分本来の感覚というものが、分かるようになってきました。

マスターコースを受講したのは、もっと感性を上げて、いろんな「氣」を感じていきたいと思ったからです。

 

始めて半年がたちましたが、小周天を通し、身体が熱くなる感覚、そして活性化している感じ、エネルギーが強くなっている感じが、少しずつですが、分かるようになってきました。

小周天を教わった時、先生に「頭が活性化していますよ」と言ってもらい、自分の頭の中を感じると、頭の中が真っ白な光に満たされていることが分かりました。それで、これが活性化している感覚なんだと知ることができました。

 

受講を重ねていくうちに、先日は松果体を光で感じることができました。
その時は、身体全体が、明るく優しい光に上から包まれていて、とても気持ちの良い感覚も味わうことができました。
それが、いわゆる「無の境地」ということを教えてもらい、「無」を自分自身で体感できたことがとてもうれしかったです。今までは、呼吸などで「無」になろうと思ってやったこともありますが、その感覚とは全く別物でした。

 

受講を通して、「正しく知る」ということが本当に大切だということも気づかせて頂いています。きちんと理解している方から学ぶことが大切ですね。

先生は、こちらの状態を感じて、「いいですね」とか「その感覚です」などと言ってくださるので、「これでいいんだ」、「この感覚なんだ」と自分の中での理解が深まり、感覚的なところを習得できていっているなと感じています。

それと、毎回、受講後に感じるのですが、速読の受講を始めてくれる方がいるなど、良いことが起こります!!

 
自分のエネルギーが高いと、起きる出来事も変わってくるんだなということも実感しています。
今回、自分の頭の中、松果体まで感じることができたことが、とてもうれしいことでした。家でもやっていって、自分のエネルギーを高めていきたいと思います。