氣功教室

気功と感情、人間関係の改善に役立つ

気功が上達すると感情を読み取れる

 

気功の修練を続けて、経絡やチャクラが開いていくと、人の感情を読み取ったり、操作ができるようになってきます。

 

これは実は特殊なことではなく、日常生活でも体験することがあります。

 

イライラしている人といると、だんだんとイライラしてくることがあります。

いわゆる、雰囲気というものもそうですね。

 

逆に、元気な人と会話などをしていると、元気になってきます。

 

 

これは、感情も氣の一種でお互いに、影響を与えっているからです。

 

お互いにという事は、

 

・相手の感情が自分に作用する

・自分の感情が相手に作用する

 

という事です。

 

この相手の感情を読み取るためには、主に中丹田、膻中、ヨガで言う、ハートチャクラの開発が関係してきます。

 

これが上達してくると、相手の感情の変化が自分の感情の変化として、よりはっきりと分かってくるようになります。

 

相手が喜べば、胸が暖かくなります。

相手が悲しむと、胸が寒くなってきます。

 

これがはっきりとしてくれば、相手の感情がよくわかってきます。

 

人間関係を有利に進める

 

これが進むと人間関係を有利に進めることが可能です。

 

人間の悩みは、金銭の事か、健康の事か、人間関係のことがほとんどです。

 

相手の感情がわかれば、相手が嫌がること、喜ぶことがわかるようになり、有利に進めることが可能です。

さらに、自分の感情が相手に影響します。

 

自分の氣を強めて、相手に影響する力が高くなれば、相手の感情をコントロールが可能になってきます。

 

実際には、このときに、色々な技術を使います。